心はいつもハリマ色【第176回】

20210409_005310.jpg20210409_005226.jpg20210409_005244.jpg
アウェイでの開幕戦を引き分けたハリマ。
4月4日(日)に行われたホーム開幕戦の相手は、昨年の2部リーグチャンピオンのスフィーダ世田谷。
前節と同じく雨中の試合となりました。

咲き誇る手柄山の桜のように、「笑顔の花」を咲かせることはできたのでしょうか?

プレナスなでしこリーグ1部 第2節
VS スフィーダ世田谷 @ウインク

【試合結果】
ハリマ 2-1 S世田谷 ○

【得点者】
2分 竹島下奈子(S世田谷)、36分 巴月優希(ハリマ)、90分 米田早希(ハリマ)

【出場メンバー(ハリマのみ)】
GK 垣内愛菜
DF 杉田めい、小池快(c)、恒益奉実(86分/吉田紫穂)、岡倉海香
MF 髙橋楓姫(86分/小島和希子)、中野里乃、大久保萌(79分/沼田倫子)、巴月優希(79分/米田早希)
FW 千葉園子(90+1分/米里ひなた)、増田玲那

※ハリマSUB:髙木惠生、小島和希子、吉田紫穂、村山彩、沼田倫子、米田早希、米里ひなた
(以上なでしこリーグ公式記録より)

先制したのはS世田谷。
試合開始早々に与えてしまった直接FKのチャンスをきっちり決められてしまいました。

反撃に転じたいハリマでしたが、なかなか中盤でボールを奪うことが出来ません。
前節のような連動した前線からの守備も、余りみられませんでした。
前回のC大阪堺戦、右サイドで果敢なオーバーラップを見せていた新加入の#13大久保選手も、この日は左サイドに回った影響?からか、また相手の厳しい守備もあって、攻め上がる回数が少なかったです。

そんな中迎えた36分の左CKのチャンス。#11巴月選手の蹴ったボールは、相手GKに触られるもそのままゴールへ。
ハリマが同点に追い付き、前半を折り返します。

後半に入ってもなかなかリズムがつかめないハリマ。
世田谷に押し込まれる、我慢の時間帯が続きます。

何とか流れを引き戻すべく、選手交代を行うハリマ。
特に#2沼田選手が右サイド入った辺りから、前への推進力を取り戻したような印象を受けました。
それでもなかなかゴールは割れず。

このままドローで終わるかと思われた試合終了間際。
右サイドでボールを受けた沼田選手からのアーリークロスを、#10千葉選手が相手DFを背負いながら潰れるような形でスルー。
逆サイドに走り込んでいた#16米田選手が押し込んで、これが決勝点となりました。
(これが米田選手の移籍初ゴールでもあります)

見事な逆転勝利!!
手柄山に「笑顔の桜」が咲きました。

この日の「トキメキさん」はもちろん、殊勲の決勝ゴールをあげた#16米田早希選手です。
昨シーズン、大和シルフィードから移籍するも、試合出場はわずか2試合(いずれも途中出場)。
なかなか思うようにいかず、悔しい思いもしたことと思います。
それでも焦らずにしっかりとトレーニングしてきた結果が、開幕スタメンや今回の決勝ゴールに繋がっているのは間違いありません。

坂元監督は、選手全員にチャンスがあると明言されており、彼女に限らずこれまで出場機会の少なかった選手がどんどん活躍することで、チームも乗っていけると思います。
そういう意味でも非常に「価値のある」ゴールでした。

次節はアウェイに乗り込んで、ニッパツ横浜FCシーガルズとの対戦です。
アウェイのニッパツ戦はハリマにとって鬼門。
勝利は2017年に1度だけ。
嫌なデータを見つけてしまいました(苦笑)。

「まん延防止等重点措置」が発令されていることもあり、なかなか現地観戦は難しいと思いますが、なでしこリーグの公式YouTubeチャンネルでの中継があるので、スマホやパソコンの画面越しに「熱いエール」を送りたいと思います。

いつまでもやられっぱなしじゃ面白くない。

勝ちましょう!!

ハリマオーレ!!

アッキー

この記事へのコメント

アッキ-
2021年04月14日 17:30
出場選手の部分に誤りがありましたので、修正いたしました。
大変申し訳ございません。